赤ちゃん連れでも大丈夫、さあディズニーへ行こう!!

赤ちゃん連れでも安心!至れり尽くせりのベビーセンター

 

大人同士でパークを楽しんでいたときは行くことのなかった場所だけど、赤ちゃんを連れて行くときにはすごくお世話になる場所。それがディズニーのベビーセンターです。ディズニーランドにはワールドバザールとトゥーン・タウン、ディズニーシーにはメディテレーニアンハーバーにあります。それまで行ったことがなかった人にとっては、どんなところなのか、何があるのか、などベビーセンターでわからないことがたくさんあるはず。ここでは、ディズニーのベビーセンターをフルで活用できるためのノウハウをご紹介します。

オムツの交換台は清潔に保たれている

オムツの交換台には薄い紙のシートが敷かれていて、キャストが交換台まで案内してくれます。交換が終わったら、オムツはそのシートにぽんっと乗せておくだけで大丈夫。あとは、キャストがオムツをシートにくるんで処分してくれます。その後交換台に消毒用のスプレーをかけているので、オムツの交換台は常に清潔。万が一、オムツの外に漏れだしてしまったときも、キャストがきれいに掃除してくれるので安心です。

スポンサードリンク

授乳室・お湯のほか、ミルク冷ます氷水まである!

カーテンで仕切られた授乳室、ミルクを作るときに使用する熱湯は、百貨店などのキッズルームでも完備されていますが、ディズニーのベビーセンターには、哺乳瓶冷ます氷水まで用意されています。流水にあてて飲みやすい温度まで冷ましていると時間がかかりますが、これならすぐにミルクを冷ますことができるので、ミルクで赤ちゃんを育てているママにとってはありがたいサービスです。

 

ちょっとした休憩所として利用してみても

歩けるようになったお子さんをたくさん歩かせていると、お子さんは疲れてしまいますし、お子さんを抱っこする親御さんにも負担になってしまいます。ベビーセンター内には自動販売機や広々とした休憩スペースもあって、小さなお子さん連れの方はおむつ交換のついでにベビーセンター内の椅子に座ってつかの間の休息を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ABOUTこの記事をかいた人

40代、2児の親父です。 子育てをしながら、日々毎日を忙しく送っています。 たまのご褒美に居酒屋で美味しい焼き鳥をビールを飲むのが、生きがいな今日この頃です。。。